【地震予測】地震発生確率とは?

地震予測ができるアプリなら「MEGA地震予測」 地震発生確率とは?

地震発生確率とは地震が発生する確率を示したもので、地震動の強さやある期間内での発生確率を予測した数値です。しかし、地震発生確率は不確定要素も含まれるため、低いからといって安心は禁物でしょう。JESEAでは地震予測ができるアプリ「MEGA地震予測」を提供しています。

【基礎知識】地震発生確率とは?

日本地図と地震のイメージ - JESEAが地震発生確率について解説 地震予測アプリ「MEGA地震予測」

地震発生確率とは、地震が発生する確率を示したものです。文部科学省の特別機関である地震調査研究推進本部によって評価されたものであり、その確率は数字で表されます。

地震予測のカギとなる!地震発生確率の概要とは

地震調査委員会は地震の長期評価を行っている機関です。地震防災対策特別措置法に基づき、地震活動に関連する調査結果を関係機関から収集、分析を行ったうえで総合的な長期評価を政府として行っています。

長期評価とは日本国内における主要な活断層で発生する内陸の直下型地震と、太平洋や日本海で発生する海溝型地震を対象に、地震の大きさやある期間内で起こる確率を予測するものです。

この地震調査委員会が計算した地震発生確率は、随時公表されています。地震調査研究推進本部は仮定として、「同じ場所で同じような地震がほぼ定期的に繰り返されるものである」という考え方を盛り込んでいます。公表されている内容の一部は以下のとおりです。

  • 主要な直下型地震や海溝型地震の活動感覚
  • 次に起こる可能性のある地震の発生場所や規模、発生確率など

地震発生確率値における留意点

地震発生確率値は過去の地震の記録や調査研究結果をもとに統計的に処理され、ある一定期間内に地震が発生する確率を数字で示したものです。しかし、過去に起きた地震の記録は正確な日時や時間だと判断できないケースも多分にあるため、ある程度幅を持たせて推定・予測しなければなりません。そのため、不確定要素が含まれています。

活断層で発生する地震の発生間隔は数千年程度とみられており、30年程度の期間でみた場合の地震発生確率値は大きくなりません。過去の事例を見てみると、2016年に発生した熊本地震の際は0%~0.9%程度でした。つまり、地震発生確率値が小さいからといって、地震が起きないということにはならないのです。

活断層地震の相対的評価

活断層地震の相対的評価は以下のように定義されています。これは今後30年以内に発生するおそれのある地震の発生確率を、ランクごとに分けたものです。

  • Sランク:3%以上
  • Aランク:0.1%~3%未満
  • Zランク:0.1%未満
  • Xランク:不明

地震調査研究推進本部が公表している地震動予測地図によると、全国の3割程度はSランクに指定されています。つまり、日本に住んでいる以上は、どこにいても大地震の被害を受ける可能性があるということです。

ただし、このような伝え方だと地震に対して、緊迫感がなくなる危険性がはらんでいます。例えば「30年以内に80%の確率で大地震が発生する」とニュースなどで伝えても、あまりピンとこない方もいるかもしれません。どのように大地震に対する意識をもってもらえるのかが、今後の課題です。

JESEAで開発した地震予測アプリのMEGA地震予測では、あらゆる可能性を否定しないことをモットーにしています。そのため様々な視点から問題を捉えられるので、幅広い地震予測方法を採用できるのです。

またエリア別の地震警戒レベルも把握できるため、地震の備えとして非常に有効です。万が一のときのために、地震予測アプリの導入をお考えなら、JESEAの「MEGA地震予測」をご利用ください。災害時の備えとしてアプリの導入を検討してはいかがでしょうか。

地震予測をするには地震発生確率を知ることが重要

地震予測をするには地震発生確率を知ることが重要

地震を予測するためには、地震発生確率の把握が欠かせません。地震発生確率とは地震が発生する確率を示したものです。地震調査研究推進本部によって評価されたものであり、数字で表されます。

日本国内における主要な活断層で発生する内陸の直下型地震と、太平洋や日本海で発生する海溝型地震を対象に、地震の大きさやある期間内で起こる確率を予測するのです。

この地震発生確率は随時公表されているものですが、不確定要素が含まれており、地震の発生と地震発生確率が完全に比例するわけではありません。過去の事例を見ると、地震発生確率値が0%に近い地域でも大地震が起きました。

活断層地震の相対的評価を見ると、日本全土の3割近くは地震発生確率が最も高いSランクをつけられています。地震大国である日本に住んでいる以上、どこにいても大地震にあう意識を持たなければなりません。ニュースやネット記事などを見て、地震に対する最新情報を手に入れるようにしておくことをおすすめします。

JESEAで開発した地震予測アプリのMEGA地震予測は、中期(1ヶ月~3ヶ月)の地震予測を可能としてきましたが、最近はピンポイント予測(1か月以内)も可能となり、高い正確性を誇ります。またエリアごとに地震の警戒レベルもわかるため、地震の備えとして有効です。

地震の備えとして確率の高い地震予測アプリを選ぶなら JESEAの「MEGA地震予測」

会社名 株式会社地震科学探査機構
英語表記 JAPAN EARTHQUAKE SCIENCE EXPLORATION AGENCY(JESEA)
設立 2013年(平成25年)1月17日
住所(本社) 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目14-13 ツイン南青山201
事業内容 地震予測事業 / 情報配信事業
URL https://www.jesea.co.jp/