【地震の予測にアプリを】日本全国民が気にしている首都直下地震について解説

【日本の地震予測】今後30年以内に70%の確率で発生する?日本の首都直下地震と被害予測について

日本国民なら気を付けておきたいのが、今後30年以内に70%の確率で発生すると予測されている「首都直下地震」です。首都及びその周辺地域で発生すると考えられるマグニチュード7クラスの直下型地震について知り、今後の地震に備えることが大切です。備えの一つとして地震予想アプリのインストールをおすすめします。

【日本の地震予測】聞いたことはあるけどよくわからない…今後起きると予測されている首都直下地震とは?

地震予測アプリで今後の地震に備えよう!

日本人の多くが一度は耳にしたことがある「首都直下地震」とは、どんな地震なのでしょうか。単語は知っていても詳細を明確に答えられないという方も多いかもしれません。

「首都直下地震」はある程度どのような地震であるか予測されており、発生した場合の被害想定についても発表されています。事前に知識を深め、防災意識を高めておくことが大切です。

日本の首都直下地震とは?

「首都直下地震」とは、南関東地域に今後発生すると考えられるM7クラスの直下型地震のことです。必ずしも東京を震源として発生するわけではなく、実際は東京都、茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県を含む南関東地域のどこかを震源として起こるとされています。

今後30年以内に70%の確率で発生

政府の発表によると「首都直下地震」は、今後30年以内に70%の確率で起こると予測されています。

南関東ではこれまでに200~400年間隔でマグニチュード8クラスの地震が発生してきました。マグニチュード8クラスの地震が発生する前にはマグニチュード7クラスの地震が複数発生しています。

前述した過去の巨大地震発生間隔のデータを根拠として「首都直下地震」の発生が予測されています。「首都直下地震」は今日起こる可能性がある一方、今後30年起こらない可能性もある地震ですが、万が一の可能性がある限り普段からの備えをしておくのが賢明です。

首都直下地震の被害予測

もしも「首都直下地震」が発生した場合、考えうる被害はどの程度のものなのでしょうか。首都直下地震対策の中心として内閣府に選定されている「都心南部直下地震(M7.3)」が発生した場合の被害予測は以下のとおりです。

  • 全壊・焼失家屋:最大約61万棟
  • 死者:最大約2.3万人
  • 要救助者:最大約7.2万人
  • 被害額:約95兆円

※冬・夕方 最大風速8m/秒のケース(要救助者の最大は冬・深夜のケース)

「都心南部直下地震」は、首都機能に直接的に甚大な影響を及ぼすことに加え、東京の南部に位置する新幹線や空港などの交通網への影響も大きいのが特徴です。

さらに、冬の乾燥した季節に地震が発生した場合、木造住宅が密集する地帯(木密地域)での火災延焼の危険性が高まり、最大約41万2千棟もの家屋が焼失すると想定されています。

また、人的被害も甚大で、死者最大約2.3万人、負傷者は最大約12万3千人、自力で脱出することが困難な要救助者は最大7.2万人にも及ぶと予想されています。

加えて、「首都直下地震等による東京の被害想定(令和4年5月25日公表)」によると、ライフラインに及ぶ被害は以下のように予測されています。

  • 電気(停電率):11.9%
  • 通信(不通回線率):4.0%
  • 上水道(断水率):26.4%
  • 下水道(被害率):4.0%
  • ガス(供給停止率):24.3%

ライフライン被害は、定量化できるデータが限定的であるため、実際にはさらなる被害拡大や復旧まで時間がかかる可能性が高い点にも留意しなければなりません。

今後起こると予測される震災に備えるためには、有料の地震予想アプリの利用がおすすめです。地震への備えや緊急時の迅速な行動のために、「首都直下地震」の情報にも対応しているJESEAのアプリ「MEGA地震予測」をご検討ください。

首都直下地震をはじめ今後の日本の地震には地震予測アプリで備えよう

今後の日本の地震には地震予測アプリで備えよう!

今後30年以内に70%の確率で発生すると予測されているのが、「首都直下地震」です。想定被害は甚大で、首都圏の方だけでなく日全体に被害・影響が及ぶと考えられています。

いつ起こるともしれない巨大地震に備えて、平時から安否確認手段や避難場所を確認しておくことが重要です。

また、最低3日分(推奨1週間分)の水・食料・携帯トイレなどの備蓄品を用意したり、感震ブレーカーの設置や家具の固定などの家庭でできる対策を施したりするなど、各自でできる応急対策活動を心がけてください。

普段から防災意識を高め、震災についての理解を深めておくことも重要です。地震における被害の想定や取るべき行動など、もしものときに危険を避けて迅速に避難できる心構えをしておくことをおすすめします。

JESEAが有料で提供しているアプリ「MEGA地震予測」では、今後発生すると予測されている首都直下地震についても前兆を捉えられれば予測情報として配信します。ぜひアプリの導入をご検討いただき、お気軽にお問い合わせください。

地震予想アプリで今後の日本の地震に備えるならJESEAが有料で提供している「MEGA地震予測」

会社名 株式会社地震科学探査機構
英語表記 JAPAN EARTHQUAKE SCIENCE EXPLORATION AGENCY(JESEA)
設立 2013年(平成25年)1月17日
住所(本社) 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目14-13 ツイン南青山201
事業内容 地震予測事業 / 情報配信事業
URL https://www.jesea.co.jp/