【地震予測】南海トラフ地震の影響とは?

地震予測アプリなら「MEGA地震予測」 南海トラフ地震の予測について

南海トラフ地震とは、近年発生が懸念されている大地震です。被害は東日本大震災の10倍を超えると予測されています。大地震に備えて、ポイント予測が可能なアプリ「MEGA地震予測」を活用してください。

南海トラフ地震の影響とは?

土砂崩れが起きた様子

大分県から宮崎県にかけての日向灘沖から、静岡県の駿河湾一帯にかけて南海トラフと定義しています。

南海トラフ地震とは、この南海トラフ沿いに境界しているフィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に沈み込み、ひずみに耐え切れずに割れたり大きく動いたりする際に起こる地震のことですが、あくまで仮説です。

南海トラフ地震の頻度

南海トラフ地震は100年から150年の頻度で起こるとされています。前回発生したのは1944年でした。あれから70年近く経過した現在では、南海トラフ地震が発生する可能性が高まっていると専門家はみています。

南海トラフ地震の発生確率

2022年に発表された日本国内の地震の発生確率をまとめた調査結果によりますと、マグニチュード8~9クラスの地震が、40年以内に南海トラフで起こる確率は90%と発表されました。あくまでも予想ですが、2020年に公表された調査結果では80~90%であったことを考えると、発生リスクが上がったことになります。そのため、明日にでも南海トラフ地震が起こってもおかしくない状況だといえるでしょう。

南海トラフ地震が発生した際の影響について

南海トラフ地震により九州地方から東海地方をはじめ、関東地方まで激しい揺れに襲われると予測されています。特に宮崎県から静岡県にかけての揺れはすさまじく、最大震度7を記録すると予測されているのです。

また、周辺の地域でも最大震度6弱~6強の強い揺れを観測し、日本列島に甚大な被害をもたらす危険性が高いです。地震により建物の倒壊や火災の発生が予測され、大津波も懸念されています。内閣府が提示した被害想定では、死者は32万人超、238万棟の建物が全焼、または全壊すると予測されているのです。

また、関東から九州にかけて太平洋沿岸の広い地域で大津波の発生が想定されています。最大震度7の揺れが生じた場合、想定される津波の高さは最大で30mを超えるとまでいわれています。また、地震により地盤の沈下が生じることで、震源域周辺の岩盤が沈降し、内陸部まで津波が伝播する可能性もはらんでいるのです。

津波の高さが3mを超えると家屋が流出するとされており、内陸部に津波が到達すればさらなる被害拡大が予測されます。人的被害の他に、家屋の被害も考慮しなければなりません。

過去のデータを見てみると、1605年に起きた慶長地震は大津波の被害を受けたものの、揺れ自体は小さなものでした。また、1707年の宝永地震は1854年の安政南海地震と震源域が異なるデータも記録されています。このように、一口に南海トラフ地震といっても被害内容は異なります。

JESEAは、地震予測アプリ「MEGA地震予測」を開発しました。人工衛星を使って絶えず動き続ける地表や大気を観測します。地震が起こる前には前兆現象といって、地表などに何らかの異常が見られます。その前兆現象を的確に捉えて、地震の予測情報をスマートフォンに配信します。エリアごとに警戒レベルがわかるため、南海トラフ地震の備えとしてご活用いただけます。

南海トラフ地震で予測される日本の甚大被害…事前対策には「MEGA地震予測」を

スマートフォンに通知がきたイメージ

南海トラフ地震は周期的に起こる大地震です。前回の発生から70年が経過しており、徐々に危険性が高まっています。

南海トラフ地震が発生すれば九州地方から東海地方をはじめ、関東地方まで甚大な被害が生じると予測されているのです。震度7の揺れにより建物の倒壊や火災、大津波の発生によって、日本は大変な状況になる可能性があります。

過去のデータを見ると、南海トラフ地震は発生した震源地や被害状況がそれぞれ異なることがわかりました。従来の備えだけでは万が一の際に対応できない可能性も考えられます。

そんな南海トラフ地震ですが、ある程度の予測ができるアプリをご存じでしょうか。JESEAが開発したMEGA地震予測は、地震が起こる前の前兆現象を捉え、スマホに配信するアプリです。事前に大地震がくることがわかれば慌てずに避難ができるでしょう。1ヶ月は無料でご利用いただけます。(web版は初月無料)

ぜひMEGA地震予測の購入をご検討いただき、お気軽にお問い合わせください。

地震情報をチェックするならJESEAの「MEGA地震予測」をご利用ください

会社名 株式会社地震科学探査機構
英語表記 JAPAN EARTHQUAKE SCIENCE EXPLORATION AGENCY(JESEA)
設立 2013年(平成25年)1月17日
住所(本社) 〒107-0062 東京都港区南青山3丁目14-13 ツイン南青山201
事業内容 地震予測事業 / 情報配信事業
URL https://www.jesea.co.jp/