非科学から科学へ。「地震雲」を活用した地震予測の有効性

画像

2019.09.09

インターネットで「地震雲」と検索すると、3000万件以上のページがヒット。SNS上でも、地上から眺めた「地震雲」に関する投稿は多く存在しています。ですが、地震雲に科学的な根拠はなく、オカルトの一種であるというのがこれまでの通説でした。

しかし、JESEA 取締役会長・村井俊治 東京大学名誉教授は「宇宙から見た地震雲には、大地震との相関関係が存在する」と語ります。地上からではなく、宇宙からの視点――そこには新たな地震予測の可能性がありました。

画像

「地震予測」においては、広い視野を持つことが重要

科学的にはよく分かっていないものの、大地震の前には、さまざまな不思議な現象が起きるといわれています。そうした前兆現象について、どのようにお考えですか?

私は地震予測研究において、「あらゆる可能性を排除しない」と決めています。なぜなら、地震を予知することは、決して容易なことではなく、多角的な視点による検証が必要であると考えているからです。

天気予報の精度もかなり向上していますが、それでも外れることがありますよね。それほどに自然を扱うというのは、難しいことなのです。

科学的にはよく分かっていませんが、「地震の前兆現象ではないか」といわれているものは、数多く存在しています。

  • 地上から見た地震雲が発生する
  • 発光現象が起きる
  • 井戸水の異常低下
  • 温泉水の温度上昇
  • 動物が騒ぐ(異常行動)
  • 深海魚が水面に出てくる
  • 水星・木星・地球の特殊天体位置(直列に並ぶのは、大きな地震の前兆)
  • 人によって、めまいや吐き気がする

この中のいくつかは、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。私はこのすべてを無条件で否定はしていません。むしろ、大地震との相関関係が科学的に証明できるのであれば、地震予測に利用すべきだと考えています。

なかでも地震雲については、地震との相関関係があると、JESEAでは認めているそうですね。

はい。これまで「地震雲に科学的な根拠はない」と、いわれていました。しかし地震の前には地下深いところで高温高圧により破壊現象が起き、地下から電磁波や熱、非可聴音の音波、イオン、ラドンなどの放射性ガスが噴出するという仮説があり、それらが地震の前兆現象として確認された事例があります。そのような現象の一つとして地震雲が発生する可能性はあるのです。

そんななか、今年になって中国の南陽師範大学のDr.Guo Guangmeng(郭博士)から「気象衛星画像(宇宙)から見た地震雲」で地震予測を行う共同研究を提案されました。

郭博士からは、これまでに何度か「地震雲」の科学的な根拠を示す画像が送られてきました。それをJESEAでも検証・確認し、有効性を認めるに至りました。

「地震雲」による地震予測の事例

具体的に、それはどのようなものだったのでしょうか?

今年、1月に発生した茨城県南部地震(M4.9、震度4)。地震発生の7日前に、郭博士から地震雲の画像が送られてきました。その後、たしかにその雲が現れたエリアで地震が起きたのです。

画像

さらに4月。北海道十勝地方地震(M5.6、震度4)においても、地震発生の3日前に、郭博士は見事に地震が起きることを予測してみせました。

画像

その事実を受け、JESEAでは2018年に発生した、北海道胆振東部地震(M6.7、震度7)について、後追い検証を実施。すると、地震発生の前日に、地震雲らしきものが発生していたことが判明しました。

画像

これはあくまで、「宇宙から捉えた地震雲」であって、地球から見えるものではありません。ですから、その点においては、ネットなどで語られる“地震雲の写真”とは違う種類のものであるといえます。

ちなみに、日本の気象衛星(ひまわり)の画像は、無料かつ簡単に誰でも利用できるものですから、興味のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

今後JESEAでは、地震予測の補完的ファクターに「衛星画像による地震雲」を加えることを視野に入れ、さらなる検証を実施し、最終的に実用化を目指したいと考えています。

JESEA 取締役会長 東京大学名誉教授 村井俊治

JESEA 取締役会長
東京大学名誉教授

村井俊治

取材・文:赤坂 匡介

MEGA地震予測をダウンロードして地震に備えよう

  • 初回1ヶ月間無料
  • App Store からダウンロード
  • Google Play で手に入れよう
閉じる